アクセス解析

レーシックのリスクを教えて!

どもり

 

レーシックのリスクを知りたいあなたへ。

メガネが見つからない。
メガネを持ってくるのを忘れてしまった。
コンタクトを落としちゃった。

目が悪いと、視力を矯正してくれるメガネやコンタクトに
頼って生活しなければなりません。
また、時期がきたら買い換えの必要性も出てきます。

 

「レーシックを受けてみたいな」

あなたは、レーシックに興味がありますか?
レーシックは、目の表面にある角膜にレーザーを照射し、視力を矯正する手術です。

レーシックを行えば、メガネやコンタクトを使用しなくてもいいんです。
とっても便利ですよね。

 

しかし、レーシックにはリスクも存在します。
ここでは、レーシックに潜むリスクをご紹介します。

 

レーシックのリスク

失敗例も存在する

 レーシックは、比較的安全性の高い手術だとは言われています。
 ですが、成功率は100%ではないんです。
 
 手術をしたのに、視力が変わらないというケースもあります。
 ただし、そういう場合は再手術を行ってくれるので、問題はありません。

 「失明する」というケースは普通ありえません。
 しかし、専門ではない医師によって手術を受けた場合は非常に危険です。
 しっかりと、病院を調べるようにしましょう。

 

感染症になることがある

 手術で削った角膜を元に戻して再手術をする場合、細菌が入り込み、
 感染症になることもあります。
 
 最悪の場合は、角膜を移植しなくてはならなくなります。
 

 

他にもいくつかのリスクが存在します。
まだまだ、レーシック手術が行われてから日は浅いと言えます。

リスクを回避する方法は一つ。
腕の良い医者、設備が整った病院で手術を受けることです。

レーシックを受けるにあたっては、病院や医師の情報収集、リスクなどを良く調べて
手術に挑むことをお勧めします。

 

レーシックのリスクが怖いあなたへ

視力回復

タグ

レーシックと保険

レーシック 保険

 

レーシックの保険について知りたいあなたへ。

視力を矯正するため、
レーシック手術を考えている方も多いと思います。

しかしレーシック手術は高額で、
誰でも気軽に行える手術ではありません。

 

レーシック手術には保険が適用されるのか?
といった疑問をお持ちの方に、保険関係について紹介したいと思います。

 

レーシックと健康保険について

健康保険では、レーシック手術は対象外になっています。
これは病気ではないからです。

それでは、高額な手術費用を全て負担しなければならないのか?
というと、医療費控除制度を使って税金の還付を受けることができます。

医療費控除制度は、その年の1月~12月までの間に、
本人や家族が10万円以上の医療費を支払った場合、
確定申告をすると税金が還付される制度です。

医療費控除制度を活用する場合は、手術を受けた眼科で発行された領収書
が必要になりますので、なくさないように注意してください。

 

また、この制度では手術費用だけでなく、交通費も対象となる可能性があります。
自宅から病院へ通った際の切符代、タクシー代などもなくさないように保管しておきましょう。

注意しなければいけないのは、必ず控除が受けられるわけではない。
ということです。

レーシック手術を美容目的と税務署が判断してしまうと、控除の対象外になってしまいます。
控除を承認するのは税務署の職員なので、手術の目的を明確に伝えることが重要です。

 

例えば、視力のせいで生活に支障をきたしており、
メガネやコンタクトレンズにかかる金額も家計を圧迫しているなどの場合は、
控除が受けられる可能性があります。

 

レーシックと生命保険について

生命保険でも対象になることがあります。
ただし、自分が契約している保険商品が対象となっているかについては、
一度保険会社に問い合わせてみる必要があります。

対象になっている場合、5万~10万程度が支給されます。

「レーザー角膜屈折矯正手術」という正式名称で問い合わせをします。

 

レーシック手術を考えているあなたへ

レーシック 保険

詳細はこちらをクリック!

タグ

レーシックのデメリットを教えて!

レーシック デメリット

 

レーシックのデメリットをしりたいあなたへ。

レーシックというのをご存知でしょうか?
メガネやコンタクトで視力を矯正しますが、
それを目に直接してしまう「視力回復手術」です。

 

「もう、メガネやコンタクトをしなくてもいいんだ!」

目が悪い人にとっては、レーシックは一度でも興味を持たれるのではないでしょうか。
コンタクトやメガネがなくても生活できるのは、とっても楽ですよね。

コンタクトを買わなくてもいいし、視力が回復するし。
良いことばかりな感じがしますよね。

でも、レーシックには、デメリットも存在するんです。
そのレーシックの代表的なデメリットをご紹介します。

 

レーシックのデメリット 安全面

 最近こそ知られていますが、まだまだレーシック手術の歴史は浅いです。
 手術成功率は100%ではないんです。
 また、病院によってお医者さんの腕や、設備の差があります。

 どこの病院で受ければいいのか?
 よく調べて信用出来る病院を探すことが大切です。

 

レーシックのデメリット 費用面

 健康保険が適用されないレーシック手術。
 数十万の治療費は、決して安くないですよね。
 また、視力が元に戻ってしまう例もあるんです

 どこの病院でもいいや、なんて言っていたらお金を捨てただけになってしまいます。

 

レーシックのデメリット 合併症

 術後、目が乾いてドライアイになってしまう、光にモヤがかかったような現象が、
 一時的にですが起こる場合もあります。
 レーシックを考えている方は特に、合併症については調べておくことをお勧めします。

 

視力が回復するなんて、本当に素晴らしいことです。
しかし、メリットばかりではなく、デメリットもきちんと存在するということを
知らなければなりません。

レーシックのデメリットを回避できるように、しっかりと病院を調べて、
「ここにしよう」と納得されてから手術に望んでください!

 

視力低下の原因が分かっても不安なあなたへ

レーシック デメリット

詳細はこちらをクリック!

タグ

レーシックの後遺症とは?

レーシック 後遺症

 

レーシックの後遺症が気になるあなたへ。

視力低下を治そうと、レーシックを真剣に検討されている方もいるのではないでしょうか。

レーシックは視力を回復させる有効な手術ですが、
後遺症や合併症の心配も少なくありません。

 

レーシックによる主な後遺症や合併症をご紹介したいと思います。

後遺症や合併症には個人差があり、発症率の少ないものもあります。
レーシック治療を検討する際の参考にしていただければと思います。

 

レーシックの後遺症 ドライアイ

レーシックはレーザーで目の屈折率を矯正するので、涙腺も一緒に焼いてしまいます。
涙腺は3ヶ月程度で復活しますが、その間はドライアイになりやすくなります。

もともとドライアイの人は特になりやすいと言われています。

 

レーシックの後遺症 ハロ・グレア

治療した部分と、していない部分から入ってくる光が乱屈折して起こる症状です。
夜の街頭がぼやけて見えたり、滲んで見えることがあります。
また、車のハイビームなどの強い光が痛いくらいまぶしく感じることがあります。

黒目のサイズが大きい人ほど、なりやすいと言われています。

 

レーシックの後遺症 夜間視力の低下

人は暗いところでは、たくさんの光を求めて黒目を大きくします。
しかし、レーシックで矯正された部分より黒目が大きく開かれても、
もともとの黒目が持つ能力以上の光を取り入れることができず、
夜間の視力低下などの症状が出てしまいます。

暗所瞳孔径と呼ばれる、暗いところで光を取り入れる器官のサイズの大きさによって
症状が表れます。

 

レーシックの後遺症 充血

手術後、一時的に白目の部分に血が溜まってしまう症状です。
これはレーザー治療による影響のもので、およそ3週間程度でなくなります。

 

ドライアイやハロ・グレアは発症する確立が高いため、手術後は運転を控えたり、
目を頻繁に休ませるなどをすることが大切です。

 

レーシックの後遺症が怖い方へ

レーシック 後遺症

レーシックも必要ない視力回復法とは?

タグ

このページの先頭へ