アクセス解析

子供の視力低下をどうにかしたい!

子供 視力低下

 

子供の視力低下を防ぎたいあなたへ。

近年、子供の視力低下は増加し続けており、13歳で裸眼の視力が
1.0未満の子供が、およそ半数を占めるといわれています。

 

 

子供の視力が低下する原因

子供の視力を取り巻く環境は、テレビやパソコン、携帯電話など、
画面を長時間見つめる生活となっており、視力低下に大きな影響を与えています。

 

また、夜遅くまで読書や、勉強などのために手元の細かい字を見続けるなどの状態も、
視力を低下させる要因として考えられています。

目は近くのものを見るとき、屈折を強くするために
目の中にある水晶体を膨らませ、近くのものに焦点を合わせます。

しかし、その状態が長く続くと、水晶体を膨らませている筋肉が緊張し、
遠くを見ていても元に戻らなくなってしまいます。

子供のうちにこのような状態になってしまうと、治療に時間がかかってしまいます。

 

幼児や小学校の低学年くらいの子供は、まだ視力が発達途中にあり、
この頃に視力を低下させる習慣がついてしまうと、急激に低下してしまいます。

携帯電話やポータブルゲーム機は寝転がって画面を見ることが出来るため、
目と画面の距離が近くなってしまいます。

寝転がったり、猫背の姿勢で画面を見続けていると、
片方の目が極端に悪くなります。

 

症状がひどくなると、メガネだけでは矯正しきれず、
コンタクトレンズを装着しなくてはならなくなります。

また、小さい画面は目の動く範囲が狭く、偏った目の使い方になりやすくなります。
この状態が長く続くと、眼球が締め付けられ、
屈折性近視や軸性近視といった状態になっていまいます。

 

子供の視力低下を防ぎたいあなたへ

子供の視力低下を防ぐには、何より親がいち早く子供の目の異変に気づくことにあります。

また、普段から画面を見るときの姿勢や、見ている時間などを、
しっかりと身につけるよう指導していくことが大切です。

 

子供の視力低下をあなたへ

子供 視力低下

詳細はこちらをクリック!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ