アクセス解析

レーシックの後遺症とは?

レーシック 後遺症

 

レーシックの後遺症が気になるあなたへ。

視力低下を治そうと、レーシックを真剣に検討されている方もいるのではないでしょうか。

レーシックは視力を回復させる有効な手術ですが、
後遺症や合併症の心配も少なくありません。

 

レーシックによる主な後遺症や合併症をご紹介したいと思います。

後遺症や合併症には個人差があり、発症率の少ないものもあります。
レーシック治療を検討する際の参考にしていただければと思います。

 

レーシックの後遺症 ドライアイ

レーシックはレーザーで目の屈折率を矯正するので、涙腺も一緒に焼いてしまいます。
涙腺は3ヶ月程度で復活しますが、その間はドライアイになりやすくなります。

もともとドライアイの人は特になりやすいと言われています。

 

レーシックの後遺症 ハロ・グレア

治療した部分と、していない部分から入ってくる光が乱屈折して起こる症状です。
夜の街頭がぼやけて見えたり、滲んで見えることがあります。
また、車のハイビームなどの強い光が痛いくらいまぶしく感じることがあります。

黒目のサイズが大きい人ほど、なりやすいと言われています。

 

レーシックの後遺症 夜間視力の低下

人は暗いところでは、たくさんの光を求めて黒目を大きくします。
しかし、レーシックで矯正された部分より黒目が大きく開かれても、
もともとの黒目が持つ能力以上の光を取り入れることができず、
夜間の視力低下などの症状が出てしまいます。

暗所瞳孔径と呼ばれる、暗いところで光を取り入れる器官のサイズの大きさによって
症状が表れます。

 

レーシックの後遺症 充血

手術後、一時的に白目の部分に血が溜まってしまう症状です。
これはレーザー治療による影響のもので、およそ3週間程度でなくなります。

 

ドライアイやハロ・グレアは発症する確立が高いため、手術後は運転を控えたり、
目を頻繁に休ませるなどをすることが大切です。

 

レーシックの後遺症が怖い方へ

レーシック 後遺症

レーシックも必要ない視力回復法とは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ