アクセス解析

レーシックと保険

レーシック 保険

 

レーシックの保険について知りたいあなたへ。

視力を矯正するため、
レーシック手術を考えている方も多いと思います。

しかしレーシック手術は高額で、
誰でも気軽に行える手術ではありません。

 

レーシック手術には保険が適用されるのか?
といった疑問をお持ちの方に、保険関係について紹介したいと思います。

 

レーシックと健康保険について

健康保険では、レーシック手術は対象外になっています。
これは病気ではないからです。

それでは、高額な手術費用を全て負担しなければならないのか?
というと、医療費控除制度を使って税金の還付を受けることができます。

医療費控除制度は、その年の1月~12月までの間に、
本人や家族が10万円以上の医療費を支払った場合、
確定申告をすると税金が還付される制度です。

医療費控除制度を活用する場合は、手術を受けた眼科で発行された領収書
が必要になりますので、なくさないように注意してください。

 

また、この制度では手術費用だけでなく、交通費も対象となる可能性があります。
自宅から病院へ通った際の切符代、タクシー代などもなくさないように保管しておきましょう。

注意しなければいけないのは、必ず控除が受けられるわけではない。
ということです。

レーシック手術を美容目的と税務署が判断してしまうと、控除の対象外になってしまいます。
控除を承認するのは税務署の職員なので、手術の目的を明確に伝えることが重要です。

 

例えば、視力のせいで生活に支障をきたしており、
メガネやコンタクトレンズにかかる金額も家計を圧迫しているなどの場合は、
控除が受けられる可能性があります。

 

レーシックと生命保険について

生命保険でも対象になることがあります。
ただし、自分が契約している保険商品が対象となっているかについては、
一度保険会社に問い合わせてみる必要があります。

対象になっている場合、5万~10万程度が支給されます。

「レーザー角膜屈折矯正手術」という正式名称で問い合わせをします。

 

レーシック手術を考えているあなたへ

レーシック 保険

詳細はこちらをクリック!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ