アクセス解析

レーシックのリスクを教えて!

どもり

 

レーシックのリスクを知りたいあなたへ。

メガネが見つからない。
メガネを持ってくるのを忘れてしまった。
コンタクトを落としちゃった。

目が悪いと、視力を矯正してくれるメガネやコンタクトに
頼って生活しなければなりません。
また、時期がきたら買い換えの必要性も出てきます。

 

「レーシックを受けてみたいな」

あなたは、レーシックに興味がありますか?
レーシックは、目の表面にある角膜にレーザーを照射し、視力を矯正する手術です。

レーシックを行えば、メガネやコンタクトを使用しなくてもいいんです。
とっても便利ですよね。

 

しかし、レーシックにはリスクも存在します。
ここでは、レーシックに潜むリスクをご紹介します。

 

レーシックのリスク

失敗例も存在する

 レーシックは、比較的安全性の高い手術だとは言われています。
 ですが、成功率は100%ではないんです。
 
 手術をしたのに、視力が変わらないというケースもあります。
 ただし、そういう場合は再手術を行ってくれるので、問題はありません。

 「失明する」というケースは普通ありえません。
 しかし、専門ではない医師によって手術を受けた場合は非常に危険です。
 しっかりと、病院を調べるようにしましょう。

 

感染症になることがある

 手術で削った角膜を元に戻して再手術をする場合、細菌が入り込み、
 感染症になることもあります。
 
 最悪の場合は、角膜を移植しなくてはならなくなります。
 

 

他にもいくつかのリスクが存在します。
まだまだ、レーシック手術が行われてから日は浅いと言えます。

リスクを回避する方法は一つ。
腕の良い医者、設備が整った病院で手術を受けることです。

レーシックを受けるにあたっては、病院や医師の情報収集、リスクなどを良く調べて
手術に挑むことをお勧めします。

 

レーシックのリスクが怖いあなたへ

視力回復

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ