アクセス解析

レーシックのデメリットを教えて!

レーシック デメリット

 

レーシックのデメリットをしりたいあなたへ。

レーシックというのをご存知でしょうか?
メガネやコンタクトで視力を矯正しますが、
それを目に直接してしまう「視力回復手術」です。

 

「もう、メガネやコンタクトをしなくてもいいんだ!」

目が悪い人にとっては、レーシックは一度でも興味を持たれるのではないでしょうか。
コンタクトやメガネがなくても生活できるのは、とっても楽ですよね。

コンタクトを買わなくてもいいし、視力が回復するし。
良いことばかりな感じがしますよね。

でも、レーシックには、デメリットも存在するんです。
そのレーシックの代表的なデメリットをご紹介します。

 

レーシックのデメリット 安全面

 最近こそ知られていますが、まだまだレーシック手術の歴史は浅いです。
 手術成功率は100%ではないんです。
 また、病院によってお医者さんの腕や、設備の差があります。

 どこの病院で受ければいいのか?
 よく調べて信用出来る病院を探すことが大切です。

 

レーシックのデメリット 費用面

 健康保険が適用されないレーシック手術。
 数十万の治療費は、決して安くないですよね。
 また、視力が元に戻ってしまう例もあるんです

 どこの病院でもいいや、なんて言っていたらお金を捨てただけになってしまいます。

 

レーシックのデメリット 合併症

 術後、目が乾いてドライアイになってしまう、光にモヤがかかったような現象が、
 一時的にですが起こる場合もあります。
 レーシックを考えている方は特に、合併症については調べておくことをお勧めします。

 

視力が回復するなんて、本当に素晴らしいことです。
しかし、メリットばかりではなく、デメリットもきちんと存在するということを
知らなければなりません。

レーシックのデメリットを回避できるように、しっかりと病院を調べて、
「ここにしよう」と納得されてから手術に望んでください!

 

視力低下の原因が分かっても不安なあなたへ

レーシック デメリット

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ