一般的な予防法

脳卒中は一年を通しての病気

脳卒中は脳血管の障害から発症する症状の総称で、大別すると脳の血管が詰まる「脳梗塞」と脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。かつて、脳卒中は冬の病気と言われていました。寒さで血管が収縮し血圧が急上昇することによる脳出血が多かったからです。勿論、血管の収縮により血栓が詰まりやすくなる脳梗塞も多発するのは言うまでもありません。但し、夏場だから安心というわけではありません。最近、真夏の脳梗塞が増えているのです。理由は汗をかくことで血管内の水分が不足し、血液の粘り気が高くなり、その結果、血管が詰まりやすくなるからです。寒い冬場だけではなく、夏場の脳卒中には注意しましょう。特に脳卒中の再発を恐れている方は十分に気を付けてください。10年以内に2人に1人が再発しているとのことです。でも、しっかり再発予防に努めれば、そのリスクは限りなく減ります。

では、一般的な予防法のコンテンツ詳細については下記を参照ください。

「活脳鍼」は脳梗塞や脳出血の再発予防に優れた効果があるばかりか、手足のマヒやしびれなどの後遺症の改善にも役立ちます!

脳の活性化に有効な治療法です。

「活脳鍼」は顔面の神経を刺激することにより脳の血流を促進させ、脳機能を高めます。

更に全身の血流を改善して、脳梗塞や脳出血の最大の再発リスクとなる血圧を安定させます。神経症やうつの改善もみられます。

糖尿病の高血糖を抑制したり、肥満を改善したりする治療も併用すれば、更に効果
的です。

ですから、「活脳鍼」は脳梗塞や脳出血の再発予防に効果的なのです。

また、脳梗塞や脳出血などの脳卒中後遺症による手足の運動マヒや感覚マヒ、言語
障害、嚥下障害、視覚障害の回復に効果的です。

また、臨床において軽度認知症や学習能力低下にも改善もみられています。

「活脳鍼」は中国の伝統鍼灸術の眼鍼に、当院が長い研究の末編み出した唇鍼を加
えた新しい鍼灸技術です。

活脳鍼は貴方の快適な生活を支援します。

りゅうえい治療院 鍼灸部
タイトルとURLをコピーしました